2017年05月19日

WBSトレたま 『社長!横文字で言うのは止めてください』通販購入方法





2017年5月19日放送のテレ東系列 「ワールドビジネスサテライト(通称WBS)」の

トレンドたまご(通称トレたま)】で紹介された


ビジネス用語が学べるカード」が会社勤めの方々にとって非常に役に立つアイテムだと思いました。









とれたま/ビジネス用語が学べるカード



トレンドたまごに出られていた”しまや出版”の

小早川 真樹社長の説明によると、そもそもの商品開発のきっかけは、

もともとコンサルティング関連の仕事に従事していた小早川 真樹社長

しまや出版”に6年前に就任当時、横文字

ビジネス用語を連発していたら、社員から

「社長、難しい言葉(横文字ビジネス用語)を使うとみんな解らないかもしれない」

と横槍が入ったとのことでした。

そこで商品化を考えたのが

社長!横文字で言うのは止めてください

というビジネス人にとってまさに救世主的なカードゲーム


4種類のカードで6種類以上の遊び方が出来、カードゲームを通して、

遊びながらビジネス用語を覚えることができるんですね。


↓プレイイメージはこちら



これってビジネスをしていく中で結構必要なシーンって多いです。

しまや出版”の例のように社内での会話が横文字が多い

ビジネス用語だと、

伝わらない」、「伝わりづらい

までならまだ聞き返したりして理解できる可能性がありますが、一番問題なのは、

間違えて解釈される

と言うことだと思います。

社員同士の会話が成り立たないのも問題ですが、社長からのトップダウンの命令や方針が

間違って解釈されてしまう

と、そりゃもう会社の存続にも関わってくる可能性が大きいですからね。


それよりももっと問題がある状況というのが、

得意先との話し合いの内容が横文字のビジネス用語が多くて解らない

ではないでしょうか?

何年も付き合いがある企業同士で聞き返すことが出来ればまだ救いはありますが、

厄介なのは受注産業などで初めて大口の得意先が横文字連発で

全く何を言っているのか理解できない

シチュエーション。







受注を受ける側も仕事を取りたくて必至なのに、

相手が横文字ビジネス用語を連発してくると、

聞き返すと見下される」とか「舐められる」などの心配もあり、

なかなか聞き返せずに話に齟齬が生まれてしまったり、、、、、なんてシーンが多々あります。

結局仕事が取れなかったなど、チャンスを逃してしまうことも考えられますね。


私も以前勤めていた会社で、超大手得意先との初めての打ち合わせの中で、

横文字ビジネス用語連発で話の内容を理解するのに苦労した経験があります。
(得意先から説明資料のパワーポイント出力をもらっていたので、後日わからない横文字ビジネス用語を調べることが出来た)



その内容というのは、その超大手得意先(仮にA社)が『一部の業務をBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)して、A社はそこで余った余力をより自社のコアコンピタンスの業務に注力したい』というコンセプトでした。

「はあ??BPO?コアコンピタンス?なんのこっちゃ、日本語使えよ」

というのが率直な感想でしたが、やはり今後のグローバル社会に向けて

横文字ビジネス用語

社会人・会社人にとっては理解しておくことが必須項目になりつつあるのではないでしょうか?

(ちなみにBPOやコアコンピタンスといった単語が「社長!横文字で言うのは止めてください」に監修されているかは不明です)



とある都の知事も横文字連発で辟易している感はありますが、これからの社会は

知らぬが恥

と言われかねないので、これを機会に勉強しておきたいですね。


社長!横文字で言うのは止めてください」は6月発売予定とのことなので、5/20時点では以下のリンクで見つかりませんでした。


社長!横文字で言うのは止めてください』を楽天で探す


社長!横文字で言うのは止めてください』を楽天で探す


↓「ビジネス用語」関連商品販売している商品はコチラ
「ビジネス用語」関連商品の楽天リンク

「ビジネス用語」関連商品をAmazonで探す







posted by 便利生活マスター at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WBS(ワールドビジネスサテライト)

2017年04月14日

WBSで池上彰さんが紹介した炭素繊維の西陣織ビジネスバッグが凄い!





2017年4月14日のテレ東系列『ワールド ビジネス サテライト』(通称WBS)で非常に気になるアイテムが紹介されました。

この日は、

WBS【池上彰が緊急出演!緊迫化する北朝鮮情勢を最新解説▽銀座に巨大商業施設】

ということで、ジャーナリストの池上彰さんが米朝関係の説明をされたのと、

【池上彰が驚きの繊維を解説!】というコーナーで説明されたものが非常に興味深い内容でした。








その説明の繊維とは?


聞いたことがあると思いますが炭素繊維という繊維。カーボンファイバーという方が聞き覚えがあるかもしれません。

釣竿、ゴルフクラブ、自転車やレーシングカーの部品などでも使われていますね。

髪の毛の10分の1の太さの繊維が束になって1本の糸になっています。アクリル繊維を焼いて炭化させることで鉄の10倍の強さで重さは4分の1というダイヤモンドと同じような炭素の結晶ができるそうです。

炭素繊維が使われた自動車


WBSではトヨタレクサスの最高級クーペ『LC500』のルーフに炭素繊維が使われ6Kgの軽量化が図れたという説明と、ドイツの自動車メーカーBMWの電気自動車『i3』のメインフレームに炭素繊維が使われているということでした。






炭素繊維の未来


この炭素繊維(アクリル繊維原料のみ)の日本の世界シェアはなんと59%!

強くて丈夫でなおかつ軽いという特性が、今後のマーケットで非常に注目されている素材ということです。

ただ、この炭素繊維を使った製品は高価なものが多いですね。


というのも繊維のため、金属のように鍛造や鋳造ができない=大量生産できないということで、自動車部品を造るにしても職人さんが型に合わせて炭素繊維を貼り合わせて形成するという技術が必要になるからだと思います。


日本の西陣織が炭素繊維を織る



そんな炭素繊維ですが、「繊維を織る」ということでは伝統のある京都の西陣織の企業が10年の歳月をかけて

炭素繊維の西陣織

を織り機で織れるようにしたとのことでした。

炭素繊維は縦方向の”引っ張り”には強いが、横方向の”こすれ”には弱いため、織り機の引っ張り強度などの調整に時間を要したんですね。

京都西陣のフクオカ機業さんのホームページはこちら→フクオカ機業



炭素繊維の西陣織の製品



その炭素繊維西陣織が絹の西陣織の売り上げを上回っているとのことで、西陣の新たな産業として炭素繊維が注目されているとのことでした。

WBSで紹介していた『フクオカ機業』さんが製品化している『炭素繊維の西陣織』のビジネスバッグ財布などが

炭織華/Sumiorika

というシリーズで販売されています。秋には炭素繊維の草履もラインナップされるようですね。


↓こちら炭素繊維ビジネスバッグです



↓こちらは炭素繊維財布



ほかにも炭素繊維小銭いれなどのラインナップもあります→フクオカ機業 炭織華シリーズを楽天で探す


自動車のボンネットや内装パネルなど、本物の炭素繊維(カーボンファイバー)を使ったパーツは非常に高いので、「カーボンファイバーの柄のシール」で代用されている男性は多々いらっしゃると思います。

釣り、ゴルフ、自動車が好きな旦那さんや彼氏へのプレゼントとして炭素繊維のバッグなど贈られると絶対喜ばれると思います。

ちょっと高価ですが、男性にとっては

カーボンファイバーのアイテムを所有する

というのはひとつのステータスでもあるかと思います。高価な分、周囲に所有している人も少ないでしょうからね。




posted by 便利生活マスター at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | WBS(ワールドビジネスサテライト)

2017年04月11日

WBSトレたま で紹介された「遠隔操作のレーザー猫じゃらし」が素敵





2017年4月11日放送のテレ東系列 「ワールドビジネスサテライト(通称WBS)」の

トレンドたまご(通称トレたま)】で紹介された


遠隔レーザー猫じゃらし」がすごく素敵でした。







外出先からスマホで自宅に設置したカメラに写るペットの様子を見られる商品はこれまで幾つかありましたね。


たとえばこれら→ペットカメラを楽天で確認


外出先からかわいいワンちゃんやニャンコを確認することはできますが、外出先から遠隔操作でペットと遊ぶという需要は以前からありました。


Furbo ドッグカメラという商品は遠隔操作でスマホで操作して『見れる』『話せる』『遊べる』というアイテム。『遊べる』と言っても「えさをあげるだけ」なんですね。Amazonでも取り扱っています→Furbo をAmazonで探す


「いたねこ」遠隔操作できる猫じゃらしですが、まだ商品化されていないようです。


Petcubeと言う商品は遠隔操作でスマホからレーザーポインタを使って犬や猫と遊べるアイテムです。
Petcube を楽天で確認

Petcube Bitesという遠隔操作でおやつをあげられるアイテムもあるようですが、日本では発売していない?ようでした。検索しても海外のサイトばかりだったので、海外から取り寄せることになりますね。


こういった遠隔操作猫じゃらし的に遊べて、かわいいワンちゃんやニャンコをカメラで確認できて、なおかつおやつまで与えられる画期的アイテムが、WBSトレたまで紹介されました。


遠隔レーザー猫じゃらしの商品名は


Pawbo+パウボプラス)』


日本エイサーが販売しています。エイサーと言えばAcerです。ノートパソコンやタブレットPCなどで知っている方は多いのではないでしょうか?





このパウボプラスはこれまで欲しかった機能がてんこ盛りです。







詳しくは下のリンク先を見ていただいた方がわかりやすいですが、トレたまでも紹介していたように、


・外出先から遠隔操作カメラ撮影ができて、さらにパウボプラスで撮影した写真をSNSに投稿できる

・ムービーの撮影もできる

・効果音機能で6種類の音(スーパーのビニール袋のカサカサ音やねずみ、鳥、猫など)がパウボプラスから出せる。

遠隔操作おやつあげられる機能

・パウボプラスを通じてマイク音声で話しかけられる機能

レーザーポインタ遠隔操作して、外出先からでも猫じゃらしのようにニャンコと遊べる機能


など、これまで欲しかった機能がパウボプラス1台に凝縮されているんですね。こんなアイテムがあったら、仕事中でもニャンコと遊びすぎて仕事にならないかも!


Pawbo+(パウボプラス )を楽天で探す


Pawbo+(パウボプラス )をAmazonで探す




posted by 便利生活マスター at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WBS(ワールドビジネスサテライト)